ご存知でしたか?煙突の重要性

煙突は薪ストーブの安全と機能性を維持する重要な設備です。

マーキーブ

煙突は薪ストーブの安全と機能性を維持する重要な設備です。

ファイヤーワールド永和では内筒と外筒の間に25mmの断熱材が入った二重構造の煙突の使用をお薦めしています。21世紀の環境に配慮して造られた二次燃焼の薪ストーブは、断熱二重煙突と一体となった組み合わせにより、快適なクリーンバーン機能が発揮されます。
薪ストーブは煙突内が熱を持つことにより起こるドラフト(上昇気流)の自然力学によって、快適な燃焼と暖房が得られます。
断熱材を使用していないシングル煙突を取り付けて使用した場合、外部の冷たい空気で煙突内部が冷やされてしまうのでクリーンバーンの機能がはたらきません!!
煙突のドラフト(上昇気流)機能を正しく理解した、ファイヤーワールド グループのトッププロの技術者達に、遠慮なくご相談ください。「ファイヤーワールド グループ」はストーブ・オーナーの方がたと一緒に、環境問題と取り組みながら“薪ストーブの普及に努めています。

動画で知る煙突の重要性

マーキーブ父

ご存知ですか?薪ストーブのこと・煙突のこと

日本には薪ストーブの法律ってないに等しい・・・

建築基準法(昭和25年に作られた)には、「壁付き暖炉」という言葉はでてきます。
主に煙突に関するものです。煙突は、「金属製または石綿製煙突」としています。
もちろん金属製とあるのは昭和25年頃の「鉄板製一重煙突」のことです。可燃材との離隔は15cm以上となっております。
日本の法律のままで施工した場合、薪ストーブ本来の性能はでません。火災を起こす原因にもなります。

建築許可を持ってない薪ストーブショップも・・・

薪ストーブ・煙突の施工ぐらい、 たくさんの建築の知識が必要と思うのですが実際には・・・

ほとんどの薪ストーブショップでは・・・

薪ストーブ内で炎をたくさんあげて・・・・煙突からの採熱を・・・・室内部煙突はシングル煙突・・・・なにせシングル煙突は安価ですから!
磁石が付いてしまう煙突・・・・2重煙突は、煙突火災を起こしても安全のためだけに・・・・・

見積書には"2重煙突"の記載があるのですが・・・

施工は「2重煙突」を使いました。 ところがなんちゃって2重煙突でした。 なんちゃって2重煙突って?
断熱材の入っていない2重煙突も。 中空・・・・・? なんてことも・・・・・・

見積書には「ステンレス断熱材入り2重煙突」の記載が・・・

施工は「ステンレス断熱材入り2重煙突」を使いました。 ところが煙突に磁石が付いた!! 同じ“ステンレス断熱材入り2重煙突”でも米国製・カナダ製は磁石が付くステンレスが多い。
磁石が付くという事は、 外部に使用している場合錆ますよ!磁石が付かない物より安価です!

マーキーブ

見積書の金額だけで判断すると・・・・ こんなことも・・・・あんなことも

「・・・・」が、 気になるかたは一度弊社ショールーム迄お出掛けください。

当社では欧米仕様の薪ストーブ施工に基づいた施工を行います。

ファイヤーワールド永和は東京都の建築許可「東京都知事(般・28)93052」を取得しており、欧米仕様の薪ストーブ施工に基づいた「SUS304断熱材入り断熱2重煙突」での施工を行います。また設計・施工・メンテナンスすべて自社スタッフで行っています。
定期的に 欧米の薪ストーブ・煙突メーカーに出向き最新技術・情報の入手に努めています。

薪ストーブに関する
ご質問は

お電話でのお問い合わせお電話でのお問い合わせ

TEL:03-3616-2871

FAX:03-3616-2872

【営業時間】
月〜金 10:00〜18:00/土・日・祝10:00〜16:00

※年末年始・夏期休業など臨時休業あり